自動車保険には自賠責保険あるいは任意保険といった2個の分類がございます。

自賠責保険も任意保険も万一のトラブルに遭遇した場合の補償を想定したものですが、内容は異なっているといえます。

ふたつの保険においては補償が適用される範囲が違ってきます。

※事故の相手には、自賠責保険、任意保険を用いて補償されます。

※自分には【任意保険】によって補償します。

※自分の所有する財産に関しては「任意保険」のみによって補償できます。

自賠責保険単体では、自らへの傷害または自動車を対象とした賠償などは受ける権利がありません。

続いて相手方に対する賠償などのサポートですが自賠責保険については死亡時上限三千万円後遺障害時上限額4,000万と定められているのです。

しかし実際の賠償金が前に述べた数字を上回ることは結構な頻度で起こり得ます。

事故の相手方の所有する車や建物を壊した場合には、害を加えた者の完全な自己補償となると定められています。

だからこそ任意保険という制度が重要だという話になるのです。

被害者のサポートを主な役割とする任意保険ですが、それに留まらない補償内容があるのです。

※事故の相手へは、死亡時または傷クルマあるいは不動産というような対象物を補償してくれるのです。

※自分へは同伴者も入れて、死亡時もしくは負傷を賠償してもらえるのです。

※自分自身の財産に対してはマイカーを補償します。

そういった数々の面について行き届いているのが任意保険が持つ最大の強みです。

保険の料金の支払いはもちろん必須とならざるを得ませんが事故の相手のためにも自分を守るためにも自動車に安心して乗りたいのであれば契約しておくとよいでしょう。

  • Copyright © 2012 www.darinkadeer.com All Rights Reserved.