自己破産手続きの際にあなたの債務に関して保証人となる人物が存在するときにはあらかじめ連絡をしておいた方が良いです。草花木果

改めて言いますが、ほかに保証人がいるときは、破産申告以前にきちんと考えておかなければなりません。ホワイトヴェール

なぜかというと今あなたが自己破産をして免除されると、その保証人があなたの債務を背負うことになるからです。草花木果

やはり、自己破産手続きをする前に保証人となる人に、これまでの内容とか現在の状況を説明しつつお詫びをしなければなりません。カニ通販年末年始

それは保証人になるひとの立場で考えると当然のことです。赤ちゃん 女の子 服

あなたが自己破産するのが原因でまったなしにローンが発生することになるのですから。

そうなるとすれば、それからの保証人になってくれた人の選ぶ手段は次の4つです。

一つめは保証人となる人が「全部支払う」ことです。

保証人である人がすぐにでもカネをいとも簡単に返せるほどのような現金を用意しているならば可能でしょう。

ただその場合は、あなたは破産せずにその保証人にお金を貸してもらって、これからはあなたの保証人に毎月払っていくという形も取れるのではないかと思います。

保証人がもし債務者と良いパートナーであるのならば少しだけ弁済期間を考慮してもらうこともありえます。

たとえ合わせて完済できないとしても貸方も話し合いで分割払いに応じてくれます。

保証人となっている人にも破産による整理をされてしまうと、カネがなにも返ってこないリスクがあるからです。

保証人がもしあなたのカネを代わって立て替える財力がなければ、債務者とまた同様にある中から借金を整理することを選択が必要になります。

続いてが「任意整理」を行う方法です。

この手順では貸した側と話す方法により、5年ほどのあいだで返済する形になります。

依頼するときの費用の相場は債権者1社につき4万円。

もし7か所からの負債があるならだいたい28万円いります。

もちろん債権者との交渉は自分ですることも可能ですが、債務処理に関する知識がない人の場合債権者が自分たちにとって有利な条件を投げてくるので気を付けなければなりません。

いずれにしても、任意整理で処理するという場合もあなたは保証人に負債を払ってもらうことになるわけですからあなたは長くかかるとしても保証してくれた人に返していくべきでしょう。

続いて3つめはその保証人も破産した人と同様「破産手続きをする」場合です。

保証人となる人も債権者と同じく破産を申し立てれば、その保証人の義務も消滅します。

ただし、保証人がもし土地建物等を持っている場合はそういった私財を取り上げられてしまいますし、司法書士等の仕事をしている場合などは影響がでます。

そういった場合、次の個人再生を活用できます。

最後に4つめの選択肢ですが、「個人再生による手続きを取る」ことができます。

マンション等の不動産を残して債務整理を望む場合や、自己破産では資格制限がある職務についている場合に利用できるのが個人再生という制度です。

この方法なら住居する不動産は残せますし、破産の場合のような、資格制限等は一切ありません。

  • Copyright © 2012 www.darinkadeer.com All Rights Reserved.