予想外に突発的に遭遇してしまうのが乗用車の事故です。75-12-49

その場面でどんな対処したことで、保険料の額も相当変わる場面も想定されますので正しい判断力と行動が必要です。75-9-49

考えもしない状況に巻き込まれて慌ててしまえば重大な工程を見過ごしてしまい、後であなたが大損をする場合も想像できるので乗用車の事故に巻き込まれた時には的確に以下に述べる判断をします。75-20-49

車の事故をした場合に最も初めにしなければいけないのが怪我をした人の状況の確認です。75-8-49

自動車事故の後すぐは訳が分からず呆然としてしまう時がありすぐには行動できないのが当然です。75-18-49

だから、怪我をした人がいた場合は危険じゃない地点に運んでできる限りの処置をして周りに助けを呼ぶ等要救助者最優先に努めることが重要です。75-5-49

119番に連絡する場合には適切な事故現場を連絡し、良く分からない場合には近くのよく知られているデパートや町名を伝えて事故が起こった位置が判断できるようにします。75-16-49

その後で110番へ知らせ、交通事故が起きた事、現在の状況を知らせます。75-13-49

救急車とパトカーを待っている内に相手側の事を確認します。75-15-49

姓名、住んでいるところ、TEL番免許事故相手の自動車保険の会社名などそれぞれの内容を教えあいます。75-4-49

この場面で事故の相手に原因があった場合は、現場で処理する状況が考えられますがすぐに片付けるのではなくどんな風な場合であっても110番や自動車の保険会社通報して、公平にチェックしてもらう事が大切です。

各々の内容を交換したら他者のじゃまにならないように妨げとなる物道から排除します。

仮に障害になる物が他者の妨げになっている時には、情報の交換をする前にこれを完了させても問題は起こりません。

その次に自身が保険会社に連絡を入れて車の事故があった旨を届け出ます。

交通事故から一定の期間内に自動車保険の会社に電話を入れておかないと保険の適用外にこともありますので可能な限り速やかに電話をすることが必要です。

手がかりとして、カメラやスマホ等を使って事故やマイカーの破損が分かる写真をを撮ります。

この証拠写真は過失の割合決める際にかなり重要な役割となるので、自らの車や相手方の乗用車の破損箇所を正しく証拠写真として残しておいてください。

この状況で他の人がいれば警察や自動車保険会社の人がやってくるまでその場所にそのまま待ってもらえるように依頼するのも必要不可欠です。

Copyright © 2012 www.darinkadeer.com All Rights Reserved.