予期せず、急に出あってしまうのが車の事故です。美甘麗茶

ここでどのように対応したかによって、車の保険料の支払いも大きく異なる場面も想定されますので正しい考え方と行動力が必要です。アーセナル

想像も出来ないアクシデントに慌ててしまうと大切な状況を見落してしまい、それから自分がかなりの損を負わされる時もあるので車の事故に巻き込まれた時には落ち着いて以下に記述した処理するとよいかもしれません。フレキュレル

自動車事故を起こした時にまずしなければいけないのが重軽傷者の確認です。ペライチ

交通事故のすぐ後は気が動転するあまりショック状態になってしまう時がありなかなか対処できないのが一般的です。チャップアップ

重軽傷者がいた時に安全な場所へ動いてできる限りの手当を施し、周りの人に助けを求めるなどして要救助者優先に努める必要があります。ゾンビ漫画 おすすめ

119番通報する場合には明確な現場を連絡し分からない場面では周辺の目を引く建造物や交差点名を知らせ事故が起こった位置が判断できるようにします。お中元バイト・デパート 高島屋・伊勢丹・三越百貨店

その後で警察へ連絡し自動車事故が起きた事また現状を告げます。

救急車とパトカーを待っている時に事故の相手の身元を確認します。

名前、車のナンバー事故の相手の保険会社と言った自分だけでなく相手のことを言います。

この時に事故相手にミスがあるような状況では現場でやりくりしようとするケースがありますが結論を出すのではなく、どういった状況にかかわらず110番や保険屋さんに知らせて、ちゃんとジャッジしてもらう事が欠かせません。

お互いの情報をやり取りしたら車の妨げになるのを避けるために妨げになる物道路から取り去ります。

万が一邪魔な物が他人の車の障害物になっている時は、お互いの情報を交換するより優先してその作業を完了させても構いません。

この後に自分自身が入っている保険会社に連絡を入れて車の事故があった旨を報告します。

事故から特定期間の間に自動車保険の会社に電話を入れておかないと、保険の適用外にこともありますので極力速やかに行動することが大事です。

出来るのならば証拠としてコンパクトカメラやタブレットなどで状況や乗用車の破損の状態を見ることができる写真を残しておきます。

この証拠写真は過失の割合決める際に大きな証拠とできますので自らの乗用車や先方のクルマの壊れた箇所を全部手がかりとして残しておきましょう。

その場面で他の人がいたとしたら警察の方や自動車保険会社の人が着くまで現場にそのまま待ってもらうよう求めることも大切です。

  • Copyright © 2012 www.darinkadeer.com All Rights Reserved.